2012.03.01

Kyoto Century Hotel Bridal Salon

close

設計監理:福本祐樹・家次宏
施工管理:竹中工務店
家具:コンプレックス

京都センチュリーホテルのリニューアル計画の一部としての依頼であった。我々は既存の状態の問題とホテルウェディングとしてのあり方などとのバランスや、今後リニューアルの流れの中でここが起点となって変化していくことなどを踏まえ、過度なゴージャスさや、過度なモダンさなどといったことではなく、そこにあるべき場の雰囲気を表現している。

PHOTO Nacasa & Partners inc.